FC2ブログ

いろいろ楽しむのもいいんじゃない?

モニターや懸賞などで、楽しみながら毎日を充実! 普段の生活なんかも書いていく予定です。 みなさん、お友達になりませんか? コメント、相互リンク大歓迎です\(^o^)/

「裁く技術~無罪判決から死刑まで」 質問に答えます。

「裁く技術~無罪判決から死刑まで」 の感想は
一昨日書いたのですが・・・

→・裁判マニュアルの決定版★「裁く技術」 を読んで。


今日は、著者 森 炎さんの質問に答えたいと思います。

興味がある方は、続きをどうぞ~。



1 「裁判員は法律を知らなくてもよい」と言われていることについて、
どう思いますか?


そうですね、最低限の法律は知らないといけないとは思いますが・・・
なにが最低限なのか?と聞かれるとちょっと困っちゃいますね。
知らなくてもよい・・・というのはちょっと言いすぎかなぁ?とも思います。

2 市民感覚だけで有罪無罪を決めることについて、どう思いますか?

それはNGだと思います。
人の感覚ってすごく個人差があるから、それだけで有罪無罪を決めるのは
とても危険なことだと思います。

3 市民感覚だけで死刑かどうかを決めることについて、どう思いますか?

こちらもNGです。
理由は上と同じですね。

4 「この殺人事件は懲役何年になるか」と問われて、
数字のイメージが浮かびますか?


浮かびませんね。
基本的に・・・殺人を犯した人は、みんな無期懲役にしたいくらいです。
人を殺して、十数年で服役が終わることがあるというのは、信じられません。
一生償うべき・・・という感覚が強いですね。

5 市民感覚をよりよく発揮するには、どのようなツールや手立てが
必要だと思いますか?


やはり、確実な証拠と事実関係をしっかりと明示することですね。
その上で、私たちがどう感じるか・・・?かな。

6 本書の中で出てくる「これまでの裁判所の死刑適用基準」は、
あなたがイメージしていたものと同じでしたか、それとも違っていましたか?


違っていました。
1人しか殺してないから・・・前科はないから・・・
そんな理由で、死刑適用基準が変わってくるとは思いませんでした。
特に、1人しか殺していない・・・それが理由になるのは納得できません。
1人でも残酷極まりない犯罪であれば、死刑は適用すべきだと思います。

7 これまでの死刑適用基準について、どう思いますか?
 a 被害者の数を重視することについて。 
  反対です。人数は関係ないと思います。

 b 未成年者の扱いについて。
  難しいですが・・・年齢制限をもっと低くしてもいいと思います。
  最近子どもの傷害、殺人事件が増えていますよね。
  未成年だから・・・といって許される範囲を超える事件が多すぎます。
 
 c 計画性の重視について。
  重視すべきだと思います。
  計画性があるということは、それだけ悪質だと思うので。

8 これまでの裁判では、前科があるために死刑になるということがありましたが、
どう思いますか。


正直言って、森さんの著書を読んだときは、納得いきませんでした。
真面目に人生をやり直そうとがんばっていた人が死刑になり、
残酷な殺人を計画、実行した人が無期懲役になる・・・。
ただ前科の違いだけで、その判断を下すことには疑問があります。
というより・・・反対かな?

でも・・・うーん、難しいですね。
殺人を犯した人は、絶対許せないけど、
裏切られてどん底に落とされた人が、衝動的に・・・。
そういう風に思うと、スパッと判断できない部分もありますね。
本当に心底から反省している人なら、
生きて罪を償い続けてほしい・・・そういう思いもあります。
逆に前科が軽くても、残忍な犯行を計画実行したなら、死刑もありえる
そういう判断をできる判決になってほしいと思いますね。

9 無期懲役の前科があるために死刑になることについては、思いますか。

無期懲役だったから・・・というのが唯一の理由なら反対です。

でも・・・難しいですよね。
すごーく難しい判断だと思います。
ただ、本の中で例に出事件では、私なら死刑にしなかったかも・・・。
という気持ちの方が強いです。
この人なら、無期懲役で死ぬまで刑務所の中で働いてほしかった・・・
死刑にするほどの凶悪性はなかったんじゃないかな?とも思います。
難しいですね~、その判断は本当に難しいと思います。


以上、私の回答でした。

裁判マニュアルの決定版★
「裁く技術」(森炎/著)発売前先行モニター募集! ←参加中


  ↓↓↓良かったら応援お願いします♪ 
にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
にほんブログ村  
 コスメのレビューやダイエット日記でポイントゲット!女性限定SNSのキレイナビ  
[ 2009/11/23 11:48 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
 ガーベラ

ketaka☆

Author:ketaka☆
FC2ブログへようこそ!

主婦をしながらモニターに挑戦!
    よろしくお願いします。
カテゴリ
月別アーカイブ(タブ)
買い物はいかが?





参加しています。
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!

ブログ広告ならブログ広告.com




2000円分ポイント進呈中!!


アフィリエイト
レビュープラス


レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログハーツ
ブログランキング参加中!


お気に入りヘアケア