いろいろ楽しむのもいいんじゃない?

モニターや懸賞などで、楽しみながら毎日を充実! 普段の生活なんかも書いていく予定です。 みなさん、お友達になりませんか? コメント、相互リンク大歓迎です\(^o^)/

スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実

スノーデンファイル
地球上で最も追われている男の真実

最近はめっきり話題にのぼらなくなりましたが・・・
ありましたよね、スノーデンの機密情報暴露の事件。

世界最強ともいえる情報組織NSA(米国国家安全保障局)のトップシークレットを
大量に持ち出し、メディアを通じて世間に公表したということで話題になった事件です。

今日、紹介するのはそのスノーデン事件を取り上げた本になります。
レビュープラス様より献本していただき早速読んでみました


002_20140617211138059.jpg


ルーク・ハーディング Luke Harding (著) 1,944円  日経BP社 (2014/5/16)


スノーデンがどうして機密情報をリークしようとしたか?
彼の信条とそんな彼を認め、協力する人々はどういう心境だったのか?

スノーデンが情報リーク先に選んだ『ガーディアン』紙の海外特派員であり、
作家でもある著者、ルーク・ハーディングは事件のあらましをこの本の中で
感情をあまり交えず、冷静に綴っています。

公表までの間に何が行われていたのか・・・、そして公表後どう変化していったのか。
淡々とした中にも意思の強さを感じさせる内容で面白かったです。

ただ・・・書かれている内容は正直に言って、はてなマークが一杯でした(苦笑)。

CIAとかFBIなら知っていますが、NSAとかGCHQとか全く知らない組織の羅列で、
こんな世界があるのか・・・とびっくりすることばかり。

犯罪にかかわる可能性のある人だけが捜査対象だったものが、
だんだん見境がなくなり、普通の人々の情報にまで手を出すようになった
政府組織とそれを見過ごせなくなったスノーデン。

公表することは決めたものの、国を危機的状況に陥れないために配慮するなど、
水面下でいろいろな攻防をしていたことも書かれており興味深かったです。

それにしても、本当に私たちの知らないところで色々あるんですね。
この本を読んで、私達がいかに操作された世界で生きているのかが分かりました。

知らない世界を垣間見ることが出来るのは面白かったですが、
なんだか薄ら寒い気持ちにもさせられた本でした。

スノーデン関連の本はこの本を含めて2冊出ているそうです。
もう1冊は『暴露:スノーデンが私に託したファイル』というタイトルで、
スノーデンと真っ先に密会した人物であるグレン・グリーンウォルドが書いた本です。
こちらはスノーデンが盗み出した機密文章の内容にも迫っていてるみたい。

事件の大まかな流れやそれに関わった人たちにスポットを置いたものを読みたい
ときは『スノーデンファイル』を、数々の未公開機密文書などのことを知りたいときは
『暴露:スノーデンが私に託したファイル』が良さそうです。

興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。





  ↓↓↓良かったら応援お願いします♪ 
にほんブログ村 小遣いブログ 懸賞・プレゼントへ
にほんブログ村  
 コスメのレビューやダイエット日記でポイントゲット!女性限定SNSのキレイナビ  
[ 2014/06/17 21:39 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
 ガーベラ

ketaka☆

Author:ketaka☆
FC2ブログへようこそ!

主婦をしながらモニターに挑戦!
    よろしくお願いします。
カテゴリ
月別アーカイブ(タブ)
買い物はいかが?





参加しています。
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!

ブログ広告ならブログ広告.com




2000円分ポイント進呈中!!


アフィリエイト
レビュープラス


レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログハーツ
ブログランキング参加中!